出資法と利息制限法

過去には出資法に従い、利率が利息制限法以上である貸付も日常茶飯事でした。利息制限法の上限から出資法の上限の間の金利でおこなわれる貸付がグレーゾーン金利と言われるはずです。

今現在は利息制限法の上限を上回る金利は不法ということになります。

ですから、借金がグレーゾーン金利でおこなわれていた場合、債務を整理を行えば本当なら払わずに済んだ分の利息が戻ってくるかも知れません。 これを過払い金請求と言います。

状況次第で借金の大幅減額や、きれいさっぱり債務の返済が免除されることもあるのが借金の整理ですが、裁判所を通じて行なう個人再生や自己破産では、本人の氏名と住所が官報に載ることは避けられません。

一般人で官報をよく見る人なんていませんから、デメリットというほどでもないのかも知れませんが、官報といえば、ほぼ永久的に保管される記録ですし、さいきんではネットでも手軽に閲覧できてしまいます。

あとあと悔やまないためにも、実際に手つづきするとなったらそれでいいのか改めて考える時間が必要です。

多重債務などで債務整理をした場合、一定の期間、JICCやCICに代表される信用情報機関が、この情報を保存します。

この期間は有限で、JICCの場合は任意整理、自己破産、個人再生であれば約5年、CICならば、自己破産の情報は5年、個人再生や任意整理を行った場合、とくに記録として保存されることはありません。

この期間はブラック状態なので、キャッシングが利用できないでしょう。

以前に債務整理をしたことがあり、さらに債務整理をしたい場合、一回目の債務整理にどの方法を選んだかで異なる手つづきとなります。個人再生もしくは自己破産の方法をとった人については、その後7年間は再び債務整理を行なうことは不可能です。

任意整理ならば二回目までの期間に制限はありません。債務整理が二回目となると一回目よりも基本的に認可されにくいもので、その上それが自己破産の場合は、一層難しくなることを覚悟しましょう。

借金の清算に必要な債務整理ですが、一般的には、自己破産や任意整理、または、個人再生、特定調停のことをさす場合が多いです。

特に、任意整理は直接、債権者と交渉するので、裁判所を通すことがなく、債務整理が長期化することがほとんどない点が特長です。

任意整理を行なうと、司法書士や弁護士が受任通知を出すため、業者からの催促の電話や郵便もストップします。任意整理以外のケースでは裁判所をとおして手つづきを行なう必要があります。

借金が整理できればいいなと思っていても利用中のクレジットカードも失いたくないという人の場合、債務整理の方法のなかにも任意整理を選択することで失わずに済むかも知れません。

任意整理とは整理したい債権者とそうでない債権者を選べる制度なので、任意整理を行なう債権者の中から残したいカード会社を除けばカードはそのままというりゆうです。

しかし、信用情報には任意整理を行なうことで事故記録が残りますので、それが原因でカード更新時に停止されてしまう可能性が濃厚です。自己破産は特に資産がない人では、簡単な手つづきで、終えられますが、弁護士に任せないと手つづきを自分でするのはまあまあ厳しいです。自己破産に必要なお金は平均で総額20〜80万円くらいと高額ですが、このお金は借金でまかなえないので、ちゃんと手元においてから相談するべきです。任意整理をした後、任意整理の話し合いを行った業者より金銭を借りることはできなくなります。とはいえ、任意整理しゅうりょう後、さまざまなところから借りた借金を返しきったら、およそ5年から10年経てば信用情報機関に登録されたデータが削除されますので、その後はお金を借り入れする事ができるようになるのです。 滞納している借金があります

依頼先とのトラブル処理

せっかく債務整理を依頼しても、担当弁護士に対する不信感が拭えず、委任関係の解消を希望する際は、あらためて解任手続きをしなければなりません。

面倒だからと省略してほかの弁護士等と委任契約してしまうと、債務を整理の開始通知を債権者に二重で送りつけることになるので、要らぬトラブルを招き、悩みの種が増えるだけです。

ですから、古い依頼の方はきちんと解任手続きをとった上で、新しい依頼をするようにしましょう。
住宅ローンや車のローンが残っているうちに借り手が自己破産という事態になれば、返すこと中でも契約は解除され、少しでも借金を返すために家はもちろん車も売却しなければなりません。一方、任意整理や個人再生では、そのような債務の契約は継続されるので、支払いはこれまで通りしていかなければいけません。

ローンの返済さえできていれば返済のために売却する必要もなく、強制されることもありません。もし独身時代に借金を債務整理で処分し、ブラックになっている人は、結婚したからといってブラックが解消されるようなことはありません。

審査が必要な金融サービスに申し込むと、業者は苗字や名前、生年月日といった、いくつかの個人情報を集めてブラックリストを確認します。

つまり審査では名寄せがおこなわれているのです。ですから、苗字だけ違っていても審査をパスできる理由ではありません。私は個人再生を申し立てたことで家のローンの返済が相当楽になりました。
これまでは毎回返すことするのが難しかったのですが、個人再生と言う方法のお陰で返すことにかかる金額が非常に少なくなり、伸び伸びと生活していけるようになりました。勇気を出して弁護士に相談して良かったと本当に思っています。仮に、今ある借りたお金を債務整理で整理した場合、何パーセントくらいを減額して貰えるのかというのは最も気にかかるポイントではないでしょうか。 実際に確認する場合は、司法書士や弁護士などがうけ付けている無料相談を使うと確実な答えを貰えますが、少しハードルが高いですよね。 そんな人は、インターネットで債務整理のシミュレーションができるものもあるため、こうしたものを利用して、減額できる目安を知っておくと、良いかも知れません。

信用機関で事故情報を保管する期間は、大体5年くらいというのが通説です。信用機関では、個人の金融情報が金融業者たちによって共同利用されています。ローンやクレジットカードの審査をおこなう時、金融業者はここから個人情報の提供をうけます。 すなわち、住宅ローンを組む場合、債務整理後少なくとも5年間は容易にはいかないはずです。

債務を整理に臨む時は、注意しましょう。私はお金の借入をし立ために差し押さえのされ沿うになったので財務整理をする事を決心しました。

債務を整理すると借金がとても少なくなりますし、差し押さえを回避出来る事になるからです。近所の弁護士事務所で相談させて頂きました。

家族と同じような気持ちになって話を聞いてくれました。
銀行に借金をしている場合は、自己破産を申請するとその口座から預金が引き出せなくなることがあります。なので、事前に預金を回収しておいた方がいいです。

銀行は自分が損をしないように、口座を凍結してそのお金を渡さないようにしてしまいます。
口座が凍結されるのはひどいことだという印象をうけるかも知れませんが、銀行側から見れば、当たり前のことです。
減額できる借金

銀行に借りたお金がある場合は

任意整理をするとその銀行口座をストップされることがあります。だから、前もって預金を回収しておいた方がいいです。

銀行は利益を失わないように、口座を凍結してそのお金を渡さないようにしてしまいます。

口座が凍結されるのはあんまりだと思うかもしれませんが、銀行サイドからすれば、沿うでなければ困ることなのです。困窮して月々の支払が厳しい時の対応という点は通じますが、任意売却は不動産を購入したもののローンの返すことに追い込まれた場合に不動産を売却し得られたお金を返済に回す事です。それに対し、債務を整理は支払うのがもはや無理だという借金の整理を適した方法により行い、完済に近づく事です。悪い時には不動産ローンも借りたお金も両方とも支払えないケースがあるでしょうから、沿ういった人は任意売却と債務を整理を両方とも行います。任意整理の場合、債務の一部を清算することになりますが、個人再生などを行う場合は全ての債権者を対象にしなければなりません。

裁判所を通さない任意整理は、主に、相手方との交渉で進んでいくので、強制的に和解交渉を進めることはできません。
専門家に依頼した方が手つづきは早いですが、その時には、後ろめたくても、全ての借金の状況を伝えて下さい。

もし、伝えそびれてしまうと、信頼してもらえず、債務整理が失敗することもあります。
支払いが滞ることで発生した遅延損害金や元々の金利などは、依頼をうけた法律事務所などから債務を整理開始通知を債権者あてに送付し、債権者にそれが届いた日を境にカウントされなくなります。

依頼者にとっては大きなメリットですよね。

ただ、払えなくなってからそこまでに発生した遅延損害金がかなりの額になる場合もあります。

任意整理でしたら和解にむけた交渉をする中で、こうした遅延利息(遅延賠償)のカットも求めていきます。

借り入れ時に保証人を設定していると、保証人は債務整理が行なわれると影響をうけます。
どんな影響が及ぶかというのは債務を整理の方法次第で、例えば任意整理や特定調停だったならば必要なのは書類を書いて貰うことくらいで保証人に対して返済の請求はされません。

けれども、個人再生とか自己破産の場合には、保証人に対して債権者から直接請求が出来るようになるため、全ての借金返済をその後は保証人がかぶらざるを得なくなります。自己破産をすると全債務の返済義務から解放されることになりますが、自己破産の申請が通っていながら実は免責されないケースも見られます。 借入金の用途がまずかったりすると沿うなってしまいます。

例を挙げると、ギャンブルとか投資に溶かしていた場合や、やたらと身にそぐわない買い物をしょっちゅう行っていたりすると当てはまります。免責がこうして承認されなければ、自己破産以外の債務を整理で手を打つしかないでしょう。 債務整理を行う場合、債権者に同意して貰わなければなりません。

もし、任意整理を考えているのなら、対象となる債権者を選択し、各債権者との交渉を個別に行っていきますが、これは、あくまで任意なので、和解交渉に進めない場合もあるでしょう。

もし、個人再生をした場合は、すべての債権者を対象にしますが、過半数の債権者が反対した場合は、個人再生に失敗してしまうでしょう。 借金を整理するのに有効な債務を整理ですが、弁護士に依頼する場合は重要になるのが委任状という書類です。

委任状とは、その名の通り、弁護士と債務者が委任契約を結んだ証として必要になります。弁護士と委任契約を結ぶと、弁護士が受任通知を出すため、取り立ての電話や手紙も止まります。

弁護士は、法的に債務者の代理人の立場になり、相手方と交渉したり、訴訟を行ったりします。

返して行けないほどの借金がある

あまり知られていない債権調査票のこと

債権調査票とは、債務整理をする際に、どこからお金をどれくらい借りているのかをはっきりとさせるための文書です。

お金を借りている会社に要請するともらえます。

ヤミ金の際は、もらえないケースもありますが、沿ういう時には、自分で書面を準備すれば大丈夫です。
借金の整理を行う場合、どれくらいのお金の借入があるのが妥当なのかというのも、一概には言えません。
ただ、数十万円の借金の場合、別の場所でお金を用意たててもらって、もともとの借金分を返すこともできます。
しかし、お金の借入を重ねているという点から見ると多重債務者であり、お金の工面には相当苦労すると思います。借金をつづけるより、支払いが苦しくなった時には、早急に弁護士に相談して、債務を整理に踏み切った方が良いのかどうか、助言をもらうと良いのではないでしょうか。

一般的に、債務を整理は弁護士に頼向ことになると思いますが、その時に委任状が重要になるでしょう。

これは、弁護士が借金の整理の手つづきについて委任を受けていることを証明するために使う書類です。
委任契約が結ばれると、相手に受任通知が送付されるため、取りたての電話や手紙も止まります。
また、弁護士は債務者の代理人となって、債務整理に必要な相手方との話し合いや裁判所への手つづきなど、すべてを任されます。

ローンを返済中の自動車や住宅などの資産は、借り手が自己破産という事態になれば、返済途中のローンは解約となり、返済のためにマイホームもマイカーも任意売却するか、競売にかけられることになるでしょう。

但し自己破産以外の個人再生や任意整理では、それらのローンは原則的に交渉対象外となりますので、返済は従来通りつづける必要があります。 返済のために売却する必要はないりゆうで、自己破産と混同しないよう注意してください。キャッシングはお金がない時の助けになりますが、使い過ぎてはいけません。 気軽に利用を重ねて借入額を増やしてしまうと、返済時に苦しまされることになります。こうして追いつめられてしまった際に助けになるのが借金の整理です。

債務を整理には個人再生や任意整理、自己破産などの種類がありますが、状況に応じて上手く選択すれば、減額が認められて、完済をめざし、日常生活をたて直すことができるでしょう。

債務を整理を頼んだにもか代わらず、どうも頼りにならない弁護士であるがゆえに、委任自体をやめたい場合は、解任という手つづきを踏まなければいけません。 簡単な手つづきですが、うっかり見落として債務整理を別のところへ頼んでしまうと、受任通知の二重送付にもなり、要らぬトラブルを招き、悩みの種が増えるだけです。

以前の弁護士への依頼はかならず解約(解任手つづき)した上で、次の弁護士と契約するようにしてください。

任意整理が片付いてから、いくらお金が必要だと感じたからといって、消費者金融などからのキャッシングを申し込んだとしても、審査を受ける段階ではじかれてしまいます。

一旦信用情報機関のブラックリストに記されてしまった場合、けい載が消されるまでには5〜10年の時間が必要ですから、以後であればキャッシングができます。

債務整理を悪徳弁護士に頼んでしまった場合、最悪なことになるため注意を要します。ネットの口コミなどで調べて正しい考えを持つ弁護士に頼まないと法外な手数料を取られてしまったりするので用心したほうがいいでしょう。気をつける必要がありますね。

借金 払えない どうなる

債務整理するとブラックリストに

それが消されるまでの5年は、クレジットカードの審査は通らないと言われます。
でも、5年もしないうちにもてる人もいます。
そんな場合は、借金を完済しているケースが多いのです。
信用されたなら、クレカを製作することも可能です。
期日通りの返済ができないと、債権者から翌日に確認があります。
支払う予定日を伝えると、特に期日までは連絡もなく事は済みますが、そのやくそくが不履行に終わるとまた借入先から督促の連絡が入るようになり、そのうち取り立てが始まり、下手をすると裁判にまで持ち込まれてしまうでしょう。 失業や病気で支払い能力がないなど、いつまでも返済の目処がたたない場合は、債務整理を視野に考えてみてはいかがでしょう。
任意整理というのは、債権者と債務者が話す場を設けることで、金利の引き下げや元金のみの返済でいいように依頼するという公の機関である裁判所をとおすことなく借金減額の対処方法です。 大多数の場合、弁護士とか司法書士が債務者に代わって話し合いをして、毎月の支払額を減少させることで、完済できる道筋がみえます。 たった一度の債務整理のせいでもう借金ができないとは限りません。
ブラックリスト上の事故情報がなくなれば借入をまた行なえる見込みはあります。
しかし、任意整理をしている状況下でまた借りるというのは何よりもいけません。
借りようとする事がもはや無謀な上、担当弁護士または司法書士がそのことをしれば、担当を降りると言われかねません。
どうにか借金を整理したいのに利用中のクレジットカードも失いたくないという人の場合、債務を整理を任意整理と言う方法によって行うことで持ちつづけられることもあります。 任意整理とは整理したい債権者と沿うでない債権者を選べる制度なので、残したいカード会社を除いた債権者とだけ任意整理を行なえばカードを失わずに済みます。 しかし、どうしても任意整理を行う以上、信用情報には事故記録が載ってしまいますから、それが原因でカード更新時に恐らく利用停止となるでしょう。 自己破産に知ろ任意整理や個人再生に知ろ、司法書士や弁護士に頼めば作業が発生します。
手つづき中に仮に債務者側の事情で手つづきを中止したいと思っても、既に進んでしまっている借金の整理を取り消すというのはとてもむずかしいです。 まして自己破産などは裁判所に申立を行ったあとでは取り下げることはできませんので注意して頂戴。
どの債務整理でも信用情報に記録は残りますし、納得いくまで考えてから依頼したほうが良いでしょう。
一度債務整理を初めると、専門家に依頼していても、数ヶ月は手つづきが続くものだと思います。
ですが、債務整理の期間中は債務の金利や延滞損害金が発生することはありません。
もし任意整理や個人再生で減額を認められ立としても、返済可能な分の債務が残ります。
この残った借金については、金利は発生しません。
ですが、仮に返済日を遅れてしまうようなことになると、間ちがいなく延滞損害金が追加されます。
また、一括で請求されることもあるので、返済期日は確実に守るようにしましょう。
債務整理で悩んだ時、無償で相談できる窓口というのは、少し探せば沢山あることがわかるでしょう。
自治体でも相談を受け付けていますし、国民生活センターならびに消費生活センターといった機関や、日本司法書士会連合、弁護士会、法テラスなども窓口があることが知られています。 普通の弁護士・司法書士事務所などでもこういった無料相談を行っていることが多いですから、相談を聞いて貰い、それからどうするか決めるというのも手です。
自己破産のデメリットは特にない

月々の返済が苦しくなり…

自己破産や債務整理といった言葉が頭をよぎったら、近頃はPCはおろかスマホでも、手軽に債務整理に関する情報を調べることができ、情報面で孤立する事はなくなりました。 ただ、職場や家のPCで検索すると検索ワードや閲覧履歴などが残り、借金していたことや債務整理を要望している事がばれないとも限りません。 いつでも気になった時に調べられるので、スマホのほうが安全だと言えます。
債務者がどんな風に借金の整理を行なうか次第で債務整理には四つの方法があります。
すなわち、任意整理、特定調停、個人再生、自己破産の4種類のことです。
いずれも借金をどれくらい圧縮できるのかや間に裁判所が入るか入らないか等、手続きに違いがあります。
全部に通じて言えるのは一定の期間、信用情報機関に事故情報が登録されてしまい、それが消滅するまでは新しいお金の借入は容易にはできないといった事だと言えます。
債務整理をすると周りの人に影響があるのかといった問題ですが、あくまで債務者本人の債務が対象になるので、立とえ結婚の予定があっても特別な注意は必要ないだと言えます。 債務整理の結果、相手に返済義務が譲渡されることは絶対にありません。
けれど、婚約者にとって、相手が債務整理をしているといったことは重要な問題になるでしょう。
きちんと事実を相手に話し、実際に結婚に進んだ方が良いと思います。
任意整理や裁判所をとおす自己破産や個人再生などは、自分で手続きしようと思えばできるのだと言えますが、お薦めはしません。
裁判所を通さない任意整理の場合、借りた側が貸した側に借りたお金の減額を求めるのですから、拒絶は目に見えていますし、裁判所を介する個人再生でも、申立書は持ちろん再生計画案などの書類製作から計算までを一人でやる所以です。 これが自己破産となると更に時間も手間もかかります。
ですから債務を整理といったのはやはり弁護士などの専門家を頼るのがもっとも確実です。
5年ほど前の話になるのですが、いくつかのキャッシングを重ねてしまい、総額で300万円もの借金を負ったことがあります。
なぜキャッシングを利用し初めたかと言うと、会社が倒産し、無職になってしまっ立ためです。
再就職もうまくいかず、日常生活を送るためには、お金を用意してもらうしか方法がありませんでした。
ややあって、就職先が見つかりましたが、毎月の収入に返済が追い付かず、最終的に債務整理で借金問題を解決しました。
現在は借金とは無縁の生活を送れています。
一般的に、借金の整理を行なうとブラックになるのですが、任意整理を選んだ人ならば住宅ローンの審査に受かる可能性があります。 任意整理では、自分のできる範囲で返済を続けていきますし、裁判所も通さないので官報に公告されることもありません。
もし、グレーゾーン金利での過剰な返済をしていたら、戻ってきた過払い金で借金分が完済できるかもしれません。
もし、これに該当する人は、特にブラックとして問題になることは無いだと言えます。
債務に対する金利や遅延損害金等は、弁護士や司法書士が債務整理の依頼を受け、債権者に介入通知を送れば、貸金会社や債権回収会社にそれが到着した日からカウントされなくなります。 依頼者にとっては大きな利点なのですよね。
けれども返済を辞めてからこの手続きまでにかかった時間の間に遅延損害金がかさんでいることもしばしばです。
任意整理をするのであれば、弁護士から債権者に働聴かけ、そのあたりも減額対象に含めてもらうよう要請していきます。
債務整理をやったことは、シゴト場に知られないようにしたいものです。
職場に連絡されることはございませんので、知られないでいられます。
ただ、官報にけい載されてしまうことも考えられるので、見ている方がいたら、気付かれる可能性もあります。
借金返せない相談

債務整理してメリットは

債務整理をしたら、今後の借入ができるかどうかは、重要な問題です。

実のところ、法律では特に禁止されていないため、借入が不可能になったらいうこともありません。でも、大手消費者金融や銀行からの借入は厳しいでしょう。その一方で、中小企業が行っているキャッシングサービスなどでは利用できることもありますから、よく探してみてちょーだい。借金の整理をすると、本人はブラックになり金融関係のサービスに制限がかかりますが、本人以外の身内が不利益を被ることはないようです。

家族が所有する財産も債務整理の対象になったり、銀行のローンや借入ができなくなることは絶対にありませんから安心してちょーだい。
とはいえ、借金の保証人が家族になっているケースでは異なることを覚えておいてください。債務整理をすると、保証人である家族が返済義務を負うことになる為、家族が苦しい思いをすることになります。

親戚や御友達が借金をしていて、その保証人になっているとすると、債権者から取たてが来たとしてもそれを拒んで債務者の方に行かせることができるのです。けれども、破産や個人再生で債務者が債務整理をして、返済の一部や全部を放棄してしまうと、債権者から未返済分の取たてが保証人にむかいます。 これには保証人は拒否権をもちませんが、債権者に掛け合って分割で支払いをする事は可能です。

お金の借入を全てチャラにできるという自己破産であっても、支払いから逃れられないものも一部あります。

債務整理が準拠する法律が破産法ですが、その中で定められた非免責事項については支払義務が消えません。

例を挙げると各種税金、養育費、罰金などです。
それから、同様のあつかいに思え沿うなものの、養育費は非免責事項ですが、離婚(一度成立した婚姻を解消することです)の際の慰謝料は場合によって免責されることがあります。 借金が払えないまま滞納中

債務整理をはじめる時には

一般に債務整理というものをはじめる際には、法務事務所や法律事務所に対し、着手金というお金を用意しなければなりません。

着手した処理が終了すれば最後の精算が必要になりますし、その他の費用ではたとえば、所轄の裁判所ならびに債権者の持とに行くための交通費や、手続きに必要な書類を裁判所に提出するときの印紙料金や切手代なども負担しなければなりません。
このあたりは本来、実費負担となるのが普通ですので、上乗せして要求してくるようなことは通常はありません。どのような形式で債務者が抱えた借金を整理するのかに応じて債務整理の方法は4種類あります。それは、任意整理、特定調停、個人再生、自己破産の4種です。いずれも借金をどれくらい圧縮できるのかや裁判所が介在するか否か等、手続きが変わります。

どの方法でも同様なのは事故情報が一定の期間信用情報機関に保存されることで、それが消滅するまでは新しいお金の借入は困難であるという事でしょう。

新たにお金の借入をする時や、カードを作成するときの審査に当たって重要な役割を果たすのが個人信用情報です。

時にブラックリストなどと言われますが、ここには債務整理をした過去についても掲さいが残っていますね。

記録がある間は当然ながらローンを新たに組向ことは不可能です。

債務整理のなかにも破産なら、この記録は法律上の免責が確定した時点から、任意整理や個人再生の場合は残りの債務を返済し終えた時から数えて5年程度は少なくとも消えることがありません。もはや支払いが不可能となった借金を整理しようという試みが債務整理ですが、整理する事ができないものとして唯一各種税金が挙げられます。
自己破産に関するルールの基となる破産法にも租税請求権が免責されない債権であることが書かれていますね。
国民の三大義務でもある納税義務ですから、自己破産をしたから免除というわけにはいきません。
とは言え、自分の状況を役所で話して相談の上で分納を検討して貰う事はできます。

申し込みや諸々の手続きが開始されたら、極力早めに片付けたいと思うのは借金の整理を検討している方々に共通することだと思いますね。しかしながら、負債について免除あるいは減額のような措置が許可されるのには相応に時間がかかってしまうものです。
選んだ債務整理の方法や、専門知識をもつ司法書士、弁護士などにやって貰うのか、全ての手続きを自分でどうにかするのかなどの条件次第で要する期間は変わってきます。
これから自己破産をしようという時には、預貯金についてはもれなく破産申立書の中で申告しなければいけません。

合計額が20万円を超えた分は原則として債権者への返済金にするわけですが、これは自己破産ならではのシステムです。

家族名義にしようとか、解約すればわからないだろうなどとは思わない方がいいですね。素人の考えることなどたかがしれていますねし、発覚すると自己破産は成立しても免責にならないのですから、正確に報告したほうが身のためでしょう。

自己破産をする際、身の回りのものや日常生活を再建するためのわずかな必要経費以外は、全部引き渡すことになります。自宅とか土地と言った資産の他に、ローンを返しきれてない車も手放さなくてはなりません。
ただし、他の人が支払いを継続する事に、債権者が同意すればローンを返済し続けながら所有することもできるようになります。

概して、絶対に借金の整理を行ったらブラックリスト入りは免れないと思われる方が多いですが、債務整理の中で過払い金請求はただ一つブラック入りすることのない方法です。
本当は払う必要のなかった利息を返還して貰うだけに過ぎないので、結果的に完済に至れば事故ではないだろうという事なのです。
しかし、過払い金が発生していて金利を引き直したけれども残債があるのならば、それはすなわちブラックになります。